香美町 香住の干物(ひもの) de 料理コンテスト


応募は8月31日で締め切りました!

たくさんのご応募ありがとうございました!

松葉ガニ・紅ズワイガニ・但馬牛で知られる兵庫県香美町は、「香住漁港」「柴山港」を有する山陰屈指の水産業の町です。この度、全国でも珍しい魚介の干物を使った料理コンテストが町をあげて大々的に開催されることになりました。

テーマは【香美町香住の干物(カレイ・ハタハタ・ニギス・イカ)を使用した美味しく楽しく簡単でヘルシーな料理】。干物を使った斬新な料理の創出をもとめ一般募集されますので、ぜひご応募ください。

 


香美町の香住の干物とは

香住の漁港(香住漁港、柴山港)の近くには、多くの水産加工場があります。その加工技術は、100年以上前から育まれ、受け継がれています。香住の水産加工業者は、それぞれ独自の技術を有し、その時々の消費者のニーズに沿った商品開発は、先代からの加工技術の伝承、あわせて進化してきた技によって生み出されてきました。その美味しさは、地元の人々だけでなく全国の皆様にご愛顧いただいており、全国各地の市場、デパート等へ出荷されています。

 

料理コンテスト概要

香住の干物(ひもの)de料理コンテスト要項

項 目 内 容
コンテストレシピテーマ

『香美町の干物(カレイ・ハタハタ・ニギス・イカ)を使用した美味しく楽しく簡単でヘルシーな料理』

4人分/材料費3,000円以内/調理時間50分以内

応募条件

プロ・アマ・年齢・住所問わずどなたでも応募可能

未発表・発表予定のないオリジナルレシピであること

2次審査(実技審査)・授賞式が香美町で開催されるため出席が可能な方であること

※香美町外の方は会場までの交通費一部助成あり

(例として東京ー香美町往復交通費・1泊の宿泊費まで)

※特別賞以外の上位各賞5点に関しては香美町出席が可能な方と限定されますが

特別賞は出席不可の方でも受賞できますので出席不可の方もコンテスト参加が可能です

※応募時(1次審査)はカレイ・ハタハタ・ニギス・イカであれば干物の産地は問いません

応募期間

平成28年8月20日(土)まで

(当日消印有効)

審  査

1次審査(予選):書類選考

2次審査(決勝):実技審査・試食(香美町にて開催)

審  査  員

《地元出身料理研究家:杉立 宏子》

《HMH所属料理研究家:SaKi(青木 早希)》

《地元若干名》

2次審査決勝会場

(10/30)

株式会社トキワ『キッチンめぐみ』

兵庫県美方郡香美町香住区三谷735

審査基準

テーマに沿った料理であるか

美味しさ・楽しさ・簡単さ・ヘルシーさなどの項目で審査

《香美町出席可能な方》

最優秀賞 1点:賞状・副賞5万円相当の特産品

優秀賞 2点:賞状・副賞1万円相当の特産品

敢闘賞 2点:賞状・副賞5千円相当の特産品

《香美町出席不可能な方も対象》

特別賞数点:賞状

※受賞者には、賞状と副賞または賞状のみを授与/受賞作品はレシピを一般公開

発  表

平成28年10月30日(日)

応募方法

問い合わせ先

応募用紙に必要事項を記載の上

郵送・メール・応募フォームのいずれかにレシピと料理写真を添付し

香住の干物(ひもの)de料理コンテスト実行委員会へお送りください

 

〒669-6592 兵庫県美方郡香美町香住区香住870-1

香美町役場 観光商工課内

『香住の干物(ひもの)de料理コンテスト』係

TEL. 0796-36-3355 FAX. 0796-36-3809

主  催

香住の干物(ひもの)de料理コンテスト実行委員会

協  力

香住水産加工業協同組合・柴山港水産加工業協同組合

但馬漁業協同組合・香美町商工会・香美町香住観光協会

香美町とと活隊・香美町・HMH LLC

その他

応募作品の諸権利は主催者に帰属し返却は原則として行いません

香美町『香住の干物(ひもの)de料理コンテスト』認定審査員紹介


香美町出身料理研究家 杉立 宏子


土井勝料理学校入社後、土井勝専属助手としテレビ料理番組・料理本出版など数多くに携わり、平成元年には土井勝料理学校教授にもなる。

平成7年に料理研究家として独立する。

これまでの知識経験を活かし活躍の場を広げ、多くの料理講演や企業レシピアドバイザー・料理コンテスト審査員など幅広く活躍。

 

HMH所属料理研究家 SaKi(青木 早希)


HMH所属の実力派料理研究家

学生の頃より料理コンテストに出場、数多くの優勝・受賞歴を持ち、番組『レシピの女王』にも出演し全国3位、そのアイデアに審査員の絶賛を得る。その他地元メディアなどの出演も豊富。

アメーバオフィシャルブログでの料理配信やレシピ開発・料理イベントの講師・料理教室の主宰など幅広く活躍。

 


  • コンテストは、1次審査・2次審査とございます。応募の後、締め切り後、まず1次審査にて書類審査となり認定審査員が入選者を選定します。(入選者には電話連絡にて通知)
  • 1次審査通過の入選者は、次の2次審査(実技審査)へとなる決勝へ進みます。決勝は、香美町の会場にて実際に調理をし認定審査員により2次審査となり、最優秀賞・優秀賞・敢闘賞が選定され他に特別賞も選定されます。
  • 2次審査からの各賞受賞者は、授賞式で賞状・副賞が授与されます。
  • 2次審査・授賞式ともに香美町にて開催となりますので、特別賞以外の上位各賞5点に関しましては香美町への出席が可能な方であることが参加受賞資格ともなります。しかし香美町への出席が不可能な方であっても特別賞受賞の対象となりますので出席可否に関わらずコンテストへの参加が可能です。

①干物を使ったオリジナルレシピを考案する

【コンテストレシピテーマ】

香美町の干物(カレイ・ハタハタ・ニギス・イカ)を使用した美味しく楽しく簡単でヘルシーな料理

4人分(材料費3,000円以内)調理時間50分以内

 

応募(1次審査)では『香住の干物』でなくても魚種が、カレイ・ハタハタ・ニギス・イカの干物であればOKです。

レシピは、応募者による完全オリジナルレシピでお願いします。テーマにあった内容であればジャンルは問いません。

焼くしか手段のなかった干物を使ったオリジナルレシピの考案、応募の際に必要となりますので調理法や材料及び分量など書き留めておきましょう。

 

 



②作った料理を撮影する

応募の際には、写真が必要となりますので撮影をしておきます。

スマートフォン・デジカメ・一眼レフなどいずれでも構いません。色味などの編集加工に関して過度な加工でなければ問題はございませんが、セピアや白黒、文字入れやスタンプなどは使用しないようにお願いします。

また、料理が切れているものは不可、料理全体が見えている写真のご用意をお願いします。ランチョンマットやクロス、スタイリングなどの飾り付けはOK。

 

撮影の際、蛍光灯の下では色味が悪くなりますので、自然光の下で撮影すると料理が綺麗に撮影できます。

 



③コンテストへ応募する

応募方法は、郵送・メール・メールフォームいずれでも応募が可能です。応募締切は、平成28年8月20日(土)まで、当日消印有効です。

宛先は、香住の干物(ひもの)de料理コンテスト実行委員会まで。

 

【香住の干物(ひもの)de料理コンテスト実行委員会】

〒669-6592 兵庫県美方郡香美町香住区香住870-1

香美町役場 観光商工課内

『香住の干物(ひもの)de料理コンテスト』係

TEL. 0796-36-3355

mail. kankoushoukou@town.mikata-kami.lg.jp

 

※応募作品諸権利は主催者に帰属し返却はできかねますのでご了承ください。

 


ダウンロード
郵送にてご応募をお考えの方専用の応募用紙
募集要項と応募用紙を下記ボタンからダウンロードの上、プリントアウトしてお使いください。
香美町香住の干物(ひもの)de料理コンテスト応募用紙.pdf
PDFファイル 160.3 KB

郵送・メールでご応募の方はチェックリストで記載ご準備漏れのないよう最終チェックを!

 お名前  メールアドレス(郵送の場合は不要)  電話番号  ご住所  料理タイトル  料理レシピ内容  料理写真  PRメッセージ


下記ボタンなら応募フォームにて記載・写真添付で簡単に応募ができます

引き続き下記料理コンテストPRにご協力をお願いしております!


応募締切が8月31日まで延長決定!!

下記ソースコードをコピーしブログに設置すれば画像バナーとリンクが設置されます

<a href="http://www.h-m-h.com/event/" target="_blank" class=""><img src="https://u.jimcdn.com/e/o/s8cb10ce4d348d3ef/userlayout/img/th-干物料理コンテストバナー.png?t=1471216312" alt="香美町香住の干物料理コンテスト" width="400" height="240"></a>


干物料理コンテスト参加者の方もそうでない方も

『香住の干物(ひもの)de料理コンテスト』バナーをブログに設置して紹介しましょう!


『香住の干物(ひもの)de料理コンテスト』をシェアしてコンテストを皆で盛り上げよう!